吉川におけるお葬式の今昔と考え方の変遷 : 【お寺の家族葬】越谷・春日部・吉川・松伏の葬儀・お葬式

お寺の家族葬は『お寺の葬儀屋さん』光輪事業部がご提案する現代のスタイルに合わせた葬儀です。シンプルな直葬・一日葬から家族葬、一般葬まで様々なプランをご用意しております。越谷・春日部・吉川・松伏周辺エリアで葬儀をお考えの方はご相談ください。
善源寺公式サイト

吉川におけるお葬式の今昔と考え方の変遷 : 【お寺の家族葬】越谷・春日部・吉川・松伏の葬儀・お葬式

お寺の家族葬は『お寺の葬儀屋さん』光輪事業部がご提案する現代のスタイルに合わせた葬儀です。シンプルな直葬・一日葬から家族葬、一般葬まで様々なプランをご用意しております。越谷・春日部・吉川・松伏周辺エリアで葬儀をお考えの方はご相談ください。

ご要望に合わせて選べる
基本の葬儀プラン

お寺の家族葬がご提案する基本の葬儀プランでは
直葬・一日葬から家族葬、そして一般葬まで幅広く対応致します

葬儀プラン[お寺の直葬] <?php bloginfo('name'); ?>

葬儀プラン[お寺の一日葬] <?php bloginfo('name'); ?>

葬儀プラン[お寺一日葬(無宗教)] <?php bloginfo('name'); ?>

葬儀プラン[お寺の家族葬] <?php bloginfo('name'); ?>

葬儀プラン[お寺の一般葬] <?php bloginfo('name'); ?>

吉川市エリアの葬儀社
【お寺の家族葬】

お寺の葬儀屋さん『光輪事業部』は、吉川エリアにおいてお寺が
直接運営している葬儀社です。
当社の理念は、故人様、そしてご家族・ご参列者様みなさまの想いが、
葬儀として一つの形になって行われる事にあります。
現代は様々なスタイルの葬儀が執り行われております。
多種多様なニーズに対応しつつも、伝統として守るべき形を残し、
参列者皆様の心に残り続けるような葬儀になるようサポートいたします。

吉川市周辺のお葬式なら
お任せ下さい

お寺の葬儀屋さん『光輪事業部』では、宗教・宗派・宗旨を問わず、
葬儀をお考えのすべての皆さまがご利用いただけるセレモニーホール『光輪法殿』にて
家族葬・一日葬・直葬とお客様のご希望の葬儀を執り行うことができます。
通夜から葬儀・葬式にかけての一連の儀式は親愛なるご家族に
最期の別れを告げる場でございます。
それと同時に、故人様の最期の言葉、無言の想いに耳を傾け、残された
ご家族・ご遺族の皆様自身の生き方、死に方を学ばせて頂く機縁となります。

吉川市有数の
充実した葬儀設備

お寺の葬儀屋さん『光輪事業部』直営のセレモニーホール『光輪法殿』では、式場・お清め所・宿泊可能な控室・冷蔵設備を完備した御遺体安置室と充実の設備を完備しております。
埼玉という地域性を考えて70台駐車可能な大型の駐車場をご用意しております。
またお寺、霊園が併設しているので、葬儀後の年忌法要やその後会食、お墓参りといったすべてを同敷地内で執り行えるように設備しております。
葬儀を行う事は人生に何度も経験がある事ではありません。当社では緊急の事でお困りの際や、事前準備として葬儀全般の事を調べたい方などのご相談もお受けしております。
どうそお気軽にお電話または直接お越しいただいて、ご相談をお受けいたします。
光輪法殿外観
エントランスホール
菩提(式場)
応接室
沙羅(お清め所)
控え室
女性用トイレ
多目的トイレ

吉川市周辺の
葬儀場情報

お寺の葬儀屋さん『光輪事業部』は直営の葬儀斎場『光輪法殿』以外にも、吉川市周辺の斎場もご案内しております。
各葬儀プランはもちろん葬儀・お葬式に関わるすべてのお手伝いをさせていただきます。
越谷市斎場
越谷市斎場は、越谷市が運営する斎場です。
越谷駅から車で15分、レイクタウン駅から約20分の場所にあります。
バスでお越しの方は、南越谷駅または新越谷駅から「増林公園(越谷市斎場)」停留所にて降車後すぐです。
葬儀場と火葬場が併設されており、ご葬儀から火葬まで1か所で行う事が出来ます。
埼葛斎場
埼葛斎場は、埼玉県春日部市にある公営斎場で、春日部市・蓮田市・白岡市・杉戸町の2市2町で組織する「埼葛斎場組合」で運営されています。
平成19年にリニューアルオープンしているので、各施設が新しいのが特徴です。
東武野田線八木崎駅から徒歩で24分、
東部伊勢崎線春日部駅から車で20分、
また、東北道岩槻インターから国道16号で春日部方面に約8㎞、20分の場所にあります。

吉川におけるお葬式の今昔と考え方の変遷

お通夜の意味と始まり

夜を徹して亡骸の傍らに付き添い、読経しながら守ることをお通夜といいます。
夜伽(よとぎ)や伴夜(ばんや)といった、別の名称で呼ばれることもございます。
一部の地域ですが、ほんの近年までは、死者の配偶者または親や子が一夜、同じ布団で死者と添い寝をする習俗もあったそうです。
このようにお通夜の本来のあり方は、死の忌のかかる近親者だけの務めでした。
そのため、葬家の人たちはお燈明や線香を絶やさないよう気を配りながら、夜明かしを行ったのです。
このお通夜の習俗はインドのクシナーラで釈尊が亡くなった後、集まった弟子たちが釈尊が説かれた教えについて夜を徹して語り合ったのが、その始まりとされています。

お通夜の近年の一般的なスタイル

日本でのお通夜の風習は、仏教が伝来される前からあった習俗とも言われております。
我が国の風習では、歌ったり踊ったりしながら、亡くなられた方を生者と同様に扱って過ごし、死者の霊を慰め、またご遺族様や周囲の方々が故人様がお亡くなりになった、という事実を認識するため行っていた、とも言われております。
今日では、埼玉・吉川はもとより、全国的に見ても広範囲の弔問客の方がお葬式・告別式と同じようにお通夜に列席されることが多くなりました。
お葬式の前夜に午後6時頃から行われ、読経が流れる中、弔問客の方は焼香を行い、故人様との最後の食事をとる、つまり供食するという意味の通夜ぶるまいを受けるというのが、一般的な形式となりました。

お通夜とお葬式の形式

通夜振る舞いの席では世話人と喪主が同道し、弔問のお礼の挨拶をした後、2時間くらいを目安として、閉会の挨拶を行い弔問客の帰るきっかけを作って差し上げます。
先述の通り、本来のお通夜は夜通し読経を行い、寝ずに行われるものでありましたが、現代の生活様式に合わせてか、昨今では翌日のお葬式のために早めに全員が就寝するケースが多くなりました。
一夜明けるとお葬式を執り行いますが、六曜の考えに基づいて行うご家族様もまだたくさんいらっしゃり、お葬式の日が友引に当たりますと、その日はお葬式は行わないというケースもございます。
その一方で告別式を改まって行われる、という方は少なく、お葬式と一緒に行うというのが、吉川でも主流となっているお葬式の形です。

お葬式の意味とはなんなのか

元来、人は人との関係、それを拡大した社会の中で生きてまいりました。
そのため、人が亡くなるということは、社会的にけじめをつけなければならないことであります。
けじめを付ける、ということは形式だけのものではなく、ご遺体に向けても存在するものであります。
そして、それに付随する精神的な面も出てきます。
その後についても、故人様とただちに断絶することもできないのが人間です。
人が亡くなられた時は、社会的なけじめ・遺体の処理・悲しみに区切りをつける・死者との新しい関係をつけるこのような意味で葬儀が行われます。
今日ではこのお別れの儀式も、多種多様なものが出てきており、私ども「お寺の葬儀屋さん」がご案内する葬儀も、豊富なプランからお選びいただけるようになっております。

お寺の家族葬 施設のご紹介

葬儀をお考えのすべての方にご利用いただける
セレモニーホール『光輪法殿』
洗練された空間と充実した設備で
あなたらしい最期の一時をご提案いたします。
光輪法殿外観
エントランスホール
菩提(式場)
応接室
沙羅(お清め所)
控え室
女性用トイレ
多目的トイレ

葬儀場へのアクセス情報

〒343-0106 埼玉県北葛飾郡松伏町大川戸2982-1地図を開く

車でお越しの方

草加方面から
国道4号バイパス『平方』交差点・右折→直進左側
岩槻方面から
国道16号『庄和インター』交差点・右折→『赤沼』交差点・左折→『赤沼南』交差点・左折→直進左側
野田方面から
野田橋→『野田橋』交差点・右折→『金杉駐在所前』交差点・左折→直進右側
駐車場70台完備

電車でお越しの方

東武伊勢崎線(東武スカイツリーライン)をご利用の方
東武伊勢崎線『せんげん台駅東口』下車
バスをご利用の方は、茨急バス大正大学入口行10分→停留所『善源寺前』下車0分
茨急バス時刻表はこちらから
タクシーをご利用の方は、松伏交通 TEL:048-991-4661
東武野田線(東武アーバンパークライン)をご利用の方
東武野田線『南桜井駅出入口1』下車→タクシーにて10分

PAGE TOP